Top > ビジネス > 在留資格

在留資格

在留資格というのは、日本で合法的に滞在している外国人が、ほぼ100%保有している資格です。

在留資格認定証明書とは、短期滞在を除く日本への入国を希望する外国人が法務省へ提出する書類である。入国希望者本人、もしくは本人の所属する機関、団体等が提出でき、申請書の他に身分証明書と質問書、申立書を添えて提出することが求められる。

その在留資格をはじめてもらうときに法務省から証明書をもらうのですが、それが在留資格の認定証明書なんです。

手数料はかからないが、受理には最長で約3か月ほどかかる為に早めの提出が望まれる。配偶者等も本人の入国後、本国から呼び寄せることができ、日本人と同等の待遇を受けることができる。

在留資格はほんとうに色々ありますが、最近は、人文知識・国際業務の在留資格が難しいビザだという外国人が多いです。

この制度から海外から日本に高度な人材を招き入れ、また日本人と同じ待遇での就労をしてもらい、更なる日本の発展・グローバル化を促すものである。本人の研究実績や学位、地位などを考慮し日本での活動を優遇する高度人材ポイント制度も採用されている。

在留資格は、ビザとイコールではありません。そこのところを行政書士の先生に聞いて見ますね。

ビジネス

関連エントリー
自動車を安く買うにはカーズゴーゴー在留資格
カテゴリー
更新履歴
痩せたい、脱毛したいと思うけど、なかなか難しい(2014年4月25日)
自動車を安く買うにはカーズゴーゴー(2014年4月16日)
奈良公園に行ってきました(2014年4月 9日)
見に行きたい(2014年4月 8日)
海外旅行に行くためにキャッシングを利用した高松(仮名)さんの体験談(2014年4月 4日)