Top > 日記 > 借金はどうして返せないのか。

借金はどうして返せないのか。

前置きとして、ある人が破産を申し立てるまで当事者に直接の電話を用いた借金取り立てと債務のある人の住んでいる家への直接訪問での取り立ては違反とはいえないということなのです。

そして、破産申請の正式手続きに入ったのち時間がかかってしまった場合では債権保持人は無理な収集をするリスクが上昇します。

債権人側にとっては負債の払込もされないまま、破産などの作業もしないといった状態だと会社内部で終了処理を遂行することが不可能になるからです。

それだけでなく債権人の一部には法律家に連絡していないと知ったならなかなか強行な締め上げ行為をしてくる業者も存在します。

司法書士の方または弁護士法人に助力を求めた場合は、個別の債権人は当人に関する直接要求を行うことができなくなります。

要望を把握した司法書士法人や弁護士の人は要請を担当するという意味の通達をそれぞれの債権者に送付することになり、各取り立て企業がその通達を受け取ったときから負債者は取り立て屋による強引な集金から免れるわけです。

取り立て屋が会社や親の自宅へ訪問する収金はルールで認められていません。

事業として登録してある会社であれば勤め先や父母宅へ訪問する集金は貸金業法に反するのを気づいているので違法だと伝達すれば、そういった徴集を続行することはないと考えられます。

自己破産の申し立ての後は、当人に向けた集金を含め例外なく取り立ては禁止になります。

だから、債権者による支払い請求はまったくなくなるわけです。

とはいえ、中には知っているのに接触してくる債権者も存在していないとは考えられません。

貸金業の登録してある企業ならば自己破産の申請の後の集金が貸金に関する法律のガイドラインに違反するのを理解しているので、法に反していると伝えてしまえば、違法な返済請求を続行することはないと言っていいでしょう。

とはいえ、違法金融という俗称の登録外の企業についてとなると予測外で、法律無視の返済請求のせいで被害者があとを絶たない状況です。

裏金が取り立て業者の中にいそうなケースではどんな理由があれ弁護士の会もしくは司法書士法人などの法律屋に連絡するようにするのがいいでしょう。
借金を帳消しにしたいですか?

日記

関連エントリー
奈良公園に行ってきました見に行きたい借金はどうして返せないのか。フラッシュモブの件フラッシュモブを依頼!フラッシュモブで・・・
カテゴリー
更新履歴
痩せたい、脱毛したいと思うけど、なかなか難しい(2014年4月25日)
自動車を安く買うにはカーズゴーゴー(2014年4月16日)
奈良公園に行ってきました(2014年4月 9日)
見に行きたい(2014年4月 8日)
海外旅行に行くためにキャッシングを利用した高松(仮名)さんの体験談(2014年4月 4日)